NPO新風林田、姫路市林田町町おこし(三木家、そうめんの碑、観光イベント)
 歴史と自然の林田町
NPO新風林田、姫路市林田町町おこし(三木家、そうめんの碑、観光イベント)
Image
NPO新風林田、姫路市林田町町おこし(三木家、そうめんの碑、観光イベント) NPO新風林田、姫路市林田町町おこし(三木家、そうめんの碑、観光イベント) NPO新風林田、姫路市林田町町おこし(三木家、そうめんの碑、観光イベント)
携帯サイトQRコード
NPO新風林田、姫路市林田町町おこし(三木家、そうめんの碑、観光イベント)
NPO新風林田、姫路市林田町町おこし(三木家、そうめんの碑、観光イベント)
<< 2019年6月 >>
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
休み--休み
臨時休業--臨時休業
イベント--イベント
スケジュール--スケジュール
 

■敬業館のご案内■


林田藩 藩校 『敬業館』のご案内 

寛政六年(1794)、学問を好み、儒学を尊ぶ七代藩主 政賢が家臣の文武士気向上により創設しました。講堂・聖廟・練武場・文庫などが併設されていましたが、現在は講堂のみが残っています。講堂の正面式台玄関に掲げられた「敬業館」の扁額は白河楽翁候(しらかわらくおうこう  江戸幕府老中 松平定信の隠居後の名)の書とされています。学術品行に優れた者は藩費で遊学させ、また士族の子弟のみならず、庶民でも志願者は入学を許され、昇降着席は同じ扱いではなかったが、授業は一様に区別なく行われていました。

文久3年(1863)火災にあいましたが、一年足らずで再建されました。教授には石野黄裳や高野鉄兜が知られ、林田藩の教育は大いに振興し、二人は「君美文章、夢吉詩」と諸国に知れ渡たりました。

明治4年廃藩と同時に敬業館は閉鎖、明治42年館内に林田文庫が附設され、当初の蔵書2.320冊は姫路市が保存しています。

明治以降、講堂は敬業小学校や村役場となり、戦後は公民館にも使用されましたが、昭和54〜55年に復元工事が行われ、今は県下に残る唯一の藩校の建物として姫路市指定重要有形文化財に指定されています。

入館料:無料
公開日:日曜日のみ公開
公開時間:10:00〜16:00

天候状況により、閉門の場合があります。

・・・お問い合わせ・・・
林田大庄屋旧三木家住宅管理事務所 079-261-2338へ(三木家公開日のみ対応)
姫路市文化財課へ 079-221-2786

交通アクセスはこちらでご確認ください。
お車でお越しの方は、林田公民館(支所)及び林田大庄屋旧三木家住宅駐車場をご利用ください。



式台付きの玄関に掲げられた扁額『敬業館』は白川楽翁候(しらかわらくおうこう江戸幕府老中 松平定信の隠居後の名)の書であるとされており、寛政の改革で知られる松平定信は、寛政5年(1793)に老中職を辞し陸奥白河藩の政治に精励しているときに、時の藩主政賢が敬業館の題字を依頼したとされています。原本については現在姫路市立城内図書館に保管されています。



館内には、寛政6年(1794)、近江宮川藩主堀田豊前守政穀が藩主政賢に依頼され、林田藩の藩政.藩主政賢について記した「建学記」が掲げられています。



同じく館内には、寛政12年(1800)、藩主政賢の校訓ともいうべき「示」の額が掲げられています。「示」は、中国唐時代の白鹿洞書院の朱子学の要領を尽くしたものであり、白鹿洞書院掲示文を引用しています。



現在の敬業館の平面図ですが、地坪300坪 (約990屐法〜躔坪174坪5号 (約482屐法講堂(現在の敬業館)52坪(約172屐紡  6舎(聖廟・練武場・文庫・牢舎)などがあったと記されていますが、現在の講堂以外の建物の配置については詳細はわかっていません。

表には玄関が三ヶ所設けられており、向かって右手の玄関は他の玄関より屋根が一段高く二間幅の式台のある玄関で、藩主が出入りしていました。真ん中の玄関は一間半幅の上り段式玄関であり、主として教授方が出入りしていました。左の玄関は半間の引き戸のついた出入り口であり、学生などが利用していました。


NPO新風林田、姫路市林田町町おこし(三木家、そうめんの碑、観光イベント)
NPO新風林田、姫路市林田町町おこし(三木家、そうめんの碑、観光イベント)
© Copyright by KeiTaiNet(ケイタイネット) Read Privacy Policy(個人情報について).

 

▲ページトップへ
サイトオーナー専用 NPO新風林田、姫路市林田町町おこし(三木家、そうめんの碑、観光イベント)